2018年10月26日

<FGOネタバレ有>第1部クリア「終局特異点・冠位時間神殿 ソロモン」3回コンテ!!!この物語の分厚さに泣いた・・・。


マスターの皆さまおはようございます。

2ヶ月ちょっとの新米マスターの日記へようこそ。

先日、このFGOというストーリーに感激し、課金致しました。


関連記事





このまま無料で楽しんでしもたらバチが当たるわい・・・。

さて今日の記事は、思いっきり最大で最重要な最ネタバレを含みますので折り畳み式にしてあります。

このネタバレ隠しはたぶん今日だけ。

それくらい、この終局特異点・ソロモンのお話は重要というか、いろいろアレして今まで引っかかっていた点がすべて明らかになりました。


fgo115.jpg


私のような新米マスターに優しい各攻略サイト・攻略wiki、さらにYouTube配信者もしっかりネタバレ防止してるのはすごい。

私もちょっと気を付けてみましょかね。ってのが今回の記事。

結果、令呪によるコンティニュー1回、聖晶石によるコンテ2回、計3回コンテしました。

キャメロット6回、バビロニア4回に比べたらコンテ回数は少なかったものの、各戦闘は熾烈を極めました。

クリア報酬で呼符は7枚増え、聖晶石もいつも通りもらえるのでかなり美味しかった。


fgo116.jpg


ほぼ上のメンバーで挑みました。

藤ねえの育成に全力でちょっと手持ちのバリエーションが少なく、敵クラスに合わせつつも強い順でしかPT組めない私のカルデア。

む〜。

同僚の牛若ちゃんにオススメされた“シェイクスピア”が軸になって宝具回せたり身代わりになってくれて、☆5サーバントたちとLv100ジャガーマンが応えてくれたって感じで。

ギルガメッシュ様、アキレウス君、ジャックちゃん、この3体が私の持っている☆5です。

アキレウスとジャックちゃんのLvが育ち切ってないのはごめんなさい〜。

以下、記念写真とコンテ箇所。



以下、このゲームの最重要なネタバレを含みます。


fgo110.jpg


フラウロス戦、やはり私はランサー相手に薄すぎる。

セイバークラスで育てているのは“柳生但馬”と“鈴鹿御前”の2騎。

鈴鹿御前は宝具威力が低くて回避スキルがないので、対BOSSでは柳生但馬様のみ。

現在☆3ベディヴィエールを育成中なんです。

フォルネウス戦、対キャスターならば“アキレウス”がひき殺してくれる安心感。

壁にもなってくれるし、四騎士相手ならギル様と藤ねえが等倍で入る。

比較的余裕でした。

バルバトス戦、対アサシンにもかなり薄い。

私のキャスタークラスは“シェイクスピア”“アヴィケブロン”“パラケルスス”の3騎。

火力不足・・・それならと等倍の“ジャック・ザ・リッパー”と“水着牛若丸”で殴った方が、回避スキル持ちだしBOSS戦では安定するってのが正直なところで。


fgo111.jpg


ハルファス戦、バーサーカー相手にフレンドサポートもバーサーカー選んだのはかなり痛恨でした。

しかも何を思ったかこのときランスロットも連れてっちゃって、バーサーカー相手にバーサーカーで挑むっていうね。

ここはゴリ押しで余裕の勝利。

アモン戦、対ライダークラスならジャックちゃんと水着牛若ちゃんが刺さるので比較的余裕の勝利。

サブナック戦、伝家の宝刀Lv100ジャガーマンがぶっ刺さり!!

アーチャークラス相手ならギルガメ様とエミヤ含めて、私が育てた偏ったクラスのサーバントたちがいろいろ等倍で刺さるので無事勝利。


fgo112.jpg


最後の魔神柱「アンドロマリウス」

セイバークラス相手ならギルガメ様、エミヤがぶっ刺さるのですが、ギル様が早々にやられちゃった。

うん!楽勝でした!!

こうして魔神柱相手にしてみると、自分の持っている、育てているサーバントがどういう相手に弱いかすごくわかりやすいですね。

ここまではなんとかノーコンで倒しきれました。

いよいよラスボス登場!!


fgo113.jpg


まさかドクターロマンがソロモンだったなんて!だから10年前以前の経歴が不明だったり、何をきっかけにこの事業に参加し、そこまで一生懸命になれたのか。

常人ながら常人以上の使命感、こういう理由だったんですね・・・。

たしかに最初から打ち明けられていたら、「お前の問題だったんかーぃ!」って、「お前がなんとかせぃ!」って言っちゃうね。

ソロモン戦で令呪によるコンティニュー。

その次のゲーティア戦で、まさかの開幕宝具撃たれてまったく削れずに1回コンテ。

その後奮闘して最後もう少し!ってところでさらにコンティニュー。


fgo114.jpg


そして冠位時間神殿ソロモンの崩壊が始まり、人間らしさを見せるゲーティア。

よくわからなかったが、ゲーティアが10回かな?指輪使ったら敵HPが“1”になった。


fgo117.jpg


コンティニューを覚悟したそのターン、HPが1となったゲーティア。

ここは15ターンで勝利となるギミックがあるのかな。

がんばって耐えて助かった・・・。

このあとフォウくんの正体も明らかとなり、さらにマシュの蘇生、完全に死んだ人間を生き返らせるという魔法でもできないことをしちゃったり。


fgo109.jpg

fgo118.jpg


これで私のカルデアも、人理修復完了しました!

それにしてもこのFGOってゲームのこのストーリーの厚み、展開の読めなさ。

泣けるし笑えるし。

熱すぎる!!

ゲーム性としても熱すぎるキャラクター愛。

低レアがこんな大活躍する、“上位互換”という言葉が存在しないゲームは初めてです。

私の知ってるスマホゲームの嫌なところ、そこについていけなくて一切をやめた私に、このFGOがまたゲーム熱を注いだ。

新しいイベントには参加できませんが、この連休を利用して少しでもストーリーを進めていきたい。

というか、この先の話が気になりすぎる!




posted by ぶっとびんこ at 12:32| Comment(2) | スマホゲーム Fate/GO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
終局クリアおめでとう
これより先はさらに難易度上がるので
シナリオ進めず、自前のサバの育成を
優先するのもありですよ

そんな訳で育ててない中で
お勧めの星3は以蔵とロビンかな

あと対殺用に星3ではないけど
ハロイベで取ったメカエリちゃんもお勧め
Posted by TAC at 2018年10月26日 19:19
>TACさん、
そうですね、2部クリアよりも育成したいです。
以蔵さんとロビン・・・やはりこのお二人なのですね。
他の方からも推されているんです・・・。

メカエリチャン!
調べたら、三騎士以外通りがいいそうで。
これなら四騎士まとめてぶっ倒せますね!
Posted by ぶっとびんこ at 2018年10月28日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]