2019年08月08日

【FGOネタバレ有】19節〜クリア!第2部4章「ユガ・クシェートラ」何度泣かせるんだこのゲームは!


人理を修復したマスターの皆さまこんばんは!

新米ながら、クリプターどもにケンカ売ってる新米マスターの日記へようこそ。

もうすぐFGO始めて1年。

先日、無事(?)第2部4章をクリアしました。


fgo591.jpg


最終決戦・・・。

カルナの霊衣解放!(おれカルナ持ってないけどさ)

神たるアルジュナ、めっちゃ強かった!

第1部と1.5部も含めてこれまでの中でいちばん強い!

これが神か・・・。

何度かな・・・5回?やり直して、それでも結局聖晶石にてコンティニュー!

これノーコンとかあほか!そんなマスターいるのかよ!


fgo592.jpg


やっぱりね・・・ペペさん・・・やっぱりね!!

こういう展開望んでたよ!

泣かせて湧かせて、アツすぎるのがFGOのこの展開!

空想樹の攻撃に無敵貫通付いてますよね?今回アルジュナが強すぎたせいで伐採はカンタンだな〜って、アシュヴァッターマンまではそう思ってたんです。

そしたら全滅・・・。

ネタバレ全開の私のブログですが、エンディングはさすがにこれ以上は載せません。

テルさん、アスクレピオスさん、お父さん・・・。

そしてよく耐え、見届けようと、ガネーシャ・・・ジナコさん。

そしてそして、これぜったいデイビットといっしょに出てくるでしょ!ペペさん!


fgo593.jpg


感動をありがとう!

だが私はカルナを持っていない!その霊衣を拝めない!

冬木から始まったFGO。

1部でロンドン、円卓、バビロニア、ソロモン王と続く新宿やくそコロンブス。

北極を脱出しロシア、ラグナロク、中国・・・そしてインド神話。

そのすべてが、ひとつひとつのストーリーが濃すぎて、物語の流れの中で発生する戦闘も含めて良い意味で重苦しい。

各キャラクター、サーバントたちにそれぞれ物語があって、活躍しないサーバントはいない。

そのサーバントを見れば、レア度に関係なく「あぁ、あそこでこうだったよね」「あのとき良いキャラしてたよね」とか、誰もが語れるのがFGOのすんごぃところ。

第2部4章もそうです。

本当にこのゲーム、終わってほしくない。

そうか、人間って、常に難易度MAX、地獄を選択しているんですね。

あらゆる神性を取り込んだ完璧なアルジュナよりも、完璧を目指そうとする心。

生まれた瞬間“死”が決まり、人生や仕事は“苦”。

選択は常に地獄。

第2部4章「ユガ・クシェートラ」で、改めて気付かされました。

人間ってすごいな!って。

次の5章アトランティスはどんなストーリーが待っているのか。

とっても楽しみです!


関連記事








posted by ぶっとびんこ at 22:35| Comment(0) | スマホゲーム Fate/GO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする